閉じる

Energy Service Provider MEJ

3Dシュミレーションを通じた
産業用太陽光発電の総合設計専門会社はMEJ

Services

MEJの特長

特長1グローバル環境と実績をベースにした開発技術力Technology for PV Power Plant

MEJは韓国・日本・カザフスタン・ベトナムなどアジアを中心に 合計4.25MW(約352万ドル)の設計・施工の実績があります。

様々な環境での実績を通じた具体的なご提案が可能です。また世界各国で開催される太陽光関連展示会にも数多く参加※し、太陽光ビジネスのグローバルな動向分析と新技術、新市場の調査や顧客のニーズを研究しながら、MEJオリジナルの最先端技術(特許4件、海外の特許出願中の技術開発)を通じ、顧客のニーズに合う柔軟な環境を提供し続けています。

※日本開催「PV EXPO」(3年連続 計6回)、ヨーロッパ最大の太陽光展示会「Intersolar」(2回)、中国最大の太陽光産業博覧会「SNEC」、ベトナム最大の太陽光エネルギー展覧会「Vietnam ETE」

特長2「3Dシュミレーション」によるコスト最小化3D Simulation for PV Power Plant

MEJだけが提供する3次元の設計「3Dシュミレーション」は投資コストを削減し追加費用の発生を最小限に抑えます。

施行前のシュミレーションは2次元の設計が一般的ですが、この「3Dシュミレーション」は太陽光発電所の予定敷地をドローンで撮影することで3次元設計、施工前に最大パフォーマンスを評価できるため、お客様の投資コストを最低限に抑えることができます。

  • ①環境条件や太陽軌道等を計算した時間単位の電力生産量予測
  • ②最大パフォーマンスを得られるPVモジュールの配置と損失評価
  • ③施工後とほぼ同じデザインのレビューができる精巧な設計


「3Dシュミレーション」だけのサービス提供もできます。

特長3精密で効率的な運用を実現する独自システムQuality for PV Power Plant

MEJは特許を保有する各種システムは運用の効率化や収益の拡大を実現します。
①発電量モニタリングシステム

パソコンやスマートフォンアプリからPCS発電量の状況をリアルタイムに確認できます。日ごと、月ごとの発電量や総発電量を視覚化でき、太陽光発電所の運用パフォーマンスがアップ、メンテナンス管理コストを削減できます。
この仕組みはお客様とMEJ双方から確認できるため、万が一問題が発生した時には迅速かつ積極的な対応で影響範囲の最小化も図ることができます。

  • 監視システムの実際のメイン画面

  • PCS発電量の視覚化

  • リアルタイムで確認できる発電量

②モジュール表面の汚染測定システム

太陽電池モジュールが汚れると、太陽光の透過量が減少し発電量に大きく影響します。透過量がわずか3%減少しても、発電量は10%以上低下します。MEJでは独自のモジュール表面の汚染測定システムの導入で適切な清掃時期が分かるためそのリスクを防止できます。
この汚染測定システムは、モニタリングシステムと連携管理できます。また技術特許は韓国で保有、アメリカ・日本・ヨーロッパ・中国でも海外特許出願中です。

  • システム動作原理の説明

  • 太陽電池モジュール表面のクリーニング作業

  • 表面がきれいなモジュールと汚れたモジュールとの発電量比較実験

MEJではモジュールのきれいな状態を長期間保つため、新規設置時はもちろん、洗浄時には必ず特殊コーティング剤を使用します。コーティング剤を使うことで表面についている汚染源が風や振動ですぐに分離し、雨水によるマイクロサイズの汚染源が付着するのを最低限に抑えます。

③プラントソーラーシェアリングシステム

太陽光発電の下で畑や田んぼなど農地耕作ができるMEJ独自のシステムで、土地をダブルで活用できます。プラントソーラーシステムを利用した農地では、様々な可能性があります。どのような植物を栽培するか、お客様の状況に応じたコンサルティングをしており、スマートパームシステムとの組み合わせが可能な非常に画期的なシステムです。
動画を見る

ホームページに掲載しているもの以外にも多数の実績がございます。
3Dシミュレーションのみのご相談も承ります。
お見積り・ご相談は無料です。
まずはお気軽にお問い合わせください。

資料請求・お問合せ
0282-24-2511受付時間:平日10:00~17:00